40代から発症しやすい病気【更年期障害は改善することができます】

看護師

心臓の血液が詰まる病気

医者

心筋梗塞は早期発見ができる病気ですので、なるべく早めに発見して治療することが非常に重要です。ちなみに早期発見をすることで数日間の入院治療で大丈夫となっているので、最近では早期発見をするために病院に行く人が多いです。また、初期症状は疲れが取れなかったり胸のあたりが苦しくなったりした場合が心筋梗塞の前兆ですので、それらの症状が出た時はすぐに病院に行くことが必要です。

心筋梗塞になるのを防ぐためには普段から血管に刺激を与えることが重要になり、血管に刺激を与える方法は主に運動をすることです。理由は、運動をすることで血流が早くなり血の巡りが良くなるからです。そして、血の巡りがよくなると血管に刺激を与えることができます。しかし、心筋梗塞になりかけている状態で激しい運動をすると逆に心臓に負担をかけてしまい、心筋梗塞になってしまうことがあるので運動する時は軽めの運動にすることが大切です。そのため、軽いウォーキング程度の運動が1番効果的です。また、運動の他にも血が固まりにくくするような食事を摂取することが大事です。ですので、肉や油などの食事やお菓子などの糖質を多く含んだ甘い食べ物をなるべく控えることが非常に大切になります。ちなみに、野菜や魚介類を多く摂取することで心筋梗塞になりにくくなります。そのため野菜や魚介類を多く使った食事を摂取して、肉類を少なくすることから始めることが大事です。どのような食事に気をつけたら良いのかわからない場合は、病院で食事指導も行なっているので気軽に相談すると良いでしょう。